過半数代表者

〜過半数代表者とは〜


就業規則を作成(改定)時に意見を聴く、36協定を締結する等に選任される労働者代表もしくは過半数労働組合ですが、日本では過半数を組織する労働組合は少ないので、多くの場合は労働者の代表を選ぶことになります。

労働者代表の選出時には、次に記す一定のルールがあります。

  • 管理監督者ではないこと
  • 労働者(正社員だけでなく、パートタイマ―、アルバイト等も含む全ての労働者)の過半数が、代表者と認めていること
  • 選出理由(36協定の締結等)を明らかにして行われる選挙、挙手等の方法で選任されること(使用者の意向に基づき選出されたものでないこと

「社長から指名された」、「昔から自分がやっているから」、「誰もやらないから」といった理由で代表者になることは認められません。なぜなら、労働者の過半数がその人を支持しているという理由にないからです。

この点を、労働基準監督署に指摘されることもあります。過半数代表者の選出が適切でないと、協定等の効力がなくなり、例えば、36協定に基づいて行われる残業、休日労働等がすべて法律違反になってしまいます。このことが原因で発生する諸問題を最近よく耳にします。


労働者の過半数代表者選びは、挙手、投票、立候補者に対する署名等様々な方法があります。

労働者代表の選任を確実に行うことは、後々の問題を発生させないために極めて重要です。

▲このページのトップに戻る