健康診断の受診義務

〜健康診断の受診義務〜


労働者は、使用者が行う健康診断を受診することが義務です。

 

しかし、医療行為である以上労働者と医師との信頼関係も大切であり、この点も配慮する必要があります。

 

このような事情から、労働者が会社が指定した医師又は歯科医師の健康診断を受診することを希望しない場合には、他の医師又は歯科医師の行う健康診断を受診し、その結果を使用者に提出することもできます。

▲このページのトップに戻る