定期健康診断

〜定期健康診断〜


使用者は、雇入れ時健康診断の結果を基礎として、労働者の健康状態を把握し、労働者が職業に就いている間、健康で働くことができるよう適切な健康管理を行わなければなりません。

 

使用者は、常時使用する労働者に対して1年に1回(特定業務従事者については6カ月以内に1回)、定期に次の項目について医師による健康診断を行わなければなりません。

 

・既往歴及び業務歴の調査
・自覚症状及び他覚症状の有無の検査
・身長・体重・腹囲・視力及び聴力の検査
・胸部エックス線検査及び喀痰検査
・血圧の測定
・貧血検査
・肝機能検査
・血中脂質検査
・血糖検査
・尿検査
・心電図検査

▲このページのトップに戻る