安全配慮義務

〜安全配慮義務〜


使用者(会社、事業主)は、労働者に対する義務として「賃金支払義務」を負っているのは当然ですが、その他に「安全配慮義務」も負っています。


安全配慮義務とは、労働者の生命、身体、心身等の健康を守ることです。簡単に言えば、労働者を危険から守る義務です。


賃金については、労働契約書、就業規則等で明記してありますが、安全配慮義務については、明記していないこともあります。安全配慮義務については、契約云々にかかわかず当然に使用者の義務になります。


使用者は、使用者の指揮命令のもと労働者に働いてもらい、また、会社の設備を使用させることにより利益を上げているのですから当然の義務ということになります。

 

使用者は、労働者の職種、労働内容、就業場所等に応じて、労働者が安全に働けるように必要な配慮をしなければいけません。職場での危険個所の改善による労災防止活動は当然のこと、長時間労働、職場環境が原因による心身の不良等にも、使用者はその症状が改善されるよう配慮(医師の診察、職場変更、労働時間の短縮等)しなければなりません。

▲このページのトップに戻る